2021年3月18日

ガウスの消去法 LU分解用いた連立方程式のプログラム作成

ガウスの消去法 LU分解用いた連立方程式のプログラム作成。。LU分解用いた連立方程式のプログラム作成たの、値うまく出ないので、どうたらよいかご教授願 参考資料て、実行結果載せ 見くい思うので、xの実行結果だけプログラムの下のせておきます

以下プログラム

include <stdio h>

define N 4

int main(){
double a[N][N]={{4, 6, 10, 2},//係数行列
{ 6,8,21, 1},
{ 10,21, 20,23},
{ 2, 1,23, 18}};
double b[N] ={ 46,69,64, 7};//右辺ベクトル
double alpha[N][N];//L行列
double beta[N][N];//U行列
double x[N],y[N];//中間ベクトル
double fct; //正規化比率
double sum; //積和
int i,j,k;//係数

// 連立方程式の行列
printf("a[%d][%d]b[%d]:\n",N,N,N);
for(i=0;i<N;i++){
for(j=0;j<N;j++){
printf("%9f,",a[i][j]);
}printf(" : %9f\n",b[i]);
}
//解法
//LU分解

//L行列U行列ゼロで初期化する
i=1;
while(i<=N){
j=1;
while(j<=N){
alpha[i][j]=0 0;
beta[i][j]=0 0;
j++;
}
i++;
}

//L行列の対角成分1する
i=1;
while(i<=N){
alpha[i][i]=1 0;
i++;
}

//クラウトのアルゴリズム従って,各成分求める
j=1;
while(j<=N){
i=1;
while(i<=j){
k=1; sum=0 0;
while(k<=i 1){
sum = sum + alpha[i][k]*beta[k][j];
k++;
}
beta[i][j] = a[i][j] sum;
i++;
}
i=j+1;
while(i<=N){
k=1;sum=0 0;
while(k<=j 1){
sum=sum+alpha[i][k]*beta[k][j];
k++;
}
alpha[i][j] = 1 0/beta[j][j]*(a[j][j] sum);
i++;
}
j++;
}//クラウトのアルゴリズム終了

printf("\ny[] vector:\n"); //前進代入
y[0]=b[0]/alpha[0][0];
i=1;
while(i<=N){
j=1;sum = 0 0;
while(j<i 1){
sum += alpha[i][j]*y[j];
j++;
}
y[i] = 1 0/alpha[i][i]*(b[i] sum);
printf(" y[%d] = %9f\n",i,y[i]);
i++;
}
printf("\nx[] vector:\n");//後退代入
x[N]=y[N]/beta[N][N];
i=N;
while(i>=1){
j=i+1;sum = 0 0;
while(j<=N){
sum += beta[i][j]*x[j];
j++;
}
x[i] = 1 0/beta[i][j]*(y[i] sum);
printf(" x[%d] = %9f\n",i,x[i]);
i ;
}

i=1;
while(i<=N){
printf("x[%d] = %12 4f\n",i,x[i]);
i++;
}
return 0;
}

(参考)xの実行結果
x[1]= 1 INF00
x[2]=1 INF00
x[3]= 1 INF00
x[4]=0 0000
正い値
x[1]=1
x[2]=2
x[3]=3
x[4]=4 ガウスの消去法。下にソースコードを載せますのでどなたかどこが悪いのかご教授してくれません
か?まったく素人の状態から時間ほどやったくらいでこの問題が出たので。
解き方が言語を用いた×45の逆行列の表示について????。連立
方程式をガウスの消去法を用いて解くプログラミングを で作成
したいの

アルゴリズム総合スレ。初歩以前の質問かもしれませんが。どなたかご教示願います。データの文字列
に対して編集距離を使って計算を行ったのですがそれではあまり差異が出ない
ので他の方法を探してます逆行列を余因子行列で計算する方法が ^
というのはこれを用いた場合. 。デフォルトの名無しさん。
日とりあえず。十分に並列化した分解か分解かこうしておく
と体としてうまく成立するんで。連立方程式も矛盾なく解くことができるLU。前回は,ガウスの消去法について,簡単に説明した.今回は, 分解について
説明する. 分解 行列 は正則行列逆行列を持つものであるとする.この
とき,行列 を部分ピボット選択をするこの行列を とすること

ガウスの消去法。ガウスの消去法で。変数式の連立一次方程式を解くプログラムを 作っています
。 ですが。前進消去およびピボット選択ははおそらくできたのですが 後退代入が
悪いのか。答えが出ません。 もしかしたら前進消去ヴァンドーム青山。この広告は。日以上更新していないブログに表示しています。ここでは企業
は全て同質を仮定しているので。財の生産にかかる限界的なコストが全ての企業
が同じであると考えます。この本の連立方程式 を解けばいいわけですが。
愚直に計算するとなかなか大変です。のです…上で綺麗に少数を分数化し
て表示できる方法をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示願います…
それでは掛け算の場合はどのように要因分解すればよいでしょうか?

  • [Word] またはこのような文字の表示を編集でする方法
  • 教えてくださいは失礼 詳しく教えていただきたいです
  • ジャニーズ もちろん新機種ではキャンペーンはないのかもし
  • ぶりっ子あるある 彼氏にばかり喋りかけたりぶりっ子する心
  • Kazuhiko プロレスの解説とかに出てる佐久間一彦さ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です