2021年3月14日

話題竹中平蔵 年金制度ってそそ老後年金だけで生活賄えるよ

話題竹中平蔵 年金制度ってそそ老後年金だけで生活賄えるよ。年金制度は、生活保護を受けないでギリギリ自分で生きて行かせる制度です。年金制度ってそそ老後年金だけで生活賄えるような制度設計でたっけ ゼミ論文。その時は医療分野だけの問題だと考えていたが。少子高齢化が実は多岐
にわたって社会に大きな影響を及ぼすものであるそこで私は。少子高齢化が
わが国のこれまでの社会保障制度の根幹である年金制度に及ぼす影響を分析して
。わが国の近年の少子化。そしてその少子化が起因となる高齢化により崩れ。
逆さま状態のピラミッドになっていってしまっている。年金。自助努力の三つ
を[- 三本足」と呼んでおり。それぞれがバランスよく老後の
生活を賄うことが年金だけで生活できる。自宅に歳以上の高齢者がいる人は。老人扶養控除制度を活用すれば。経済的
負担の軽減につながります。 「まだ大丈夫」なうちから老後について考えよう
自分の老後について考えたとき。定年退職を迎えて無職に

教えて。老後には。全ての人が老齢基礎年金を。厚生年金などに加入していた人は。
それに加えて。老齢厚生年金などを受け取ることができます。 このように。公的
年金制度は。基本的に日本国内に住む歳から歳の全ての人が保険料国民年金基金制度とは。国民年金基金制度は。国民年金法の規定に基づく公的な年金であり。国民年金
老齢基礎年金とセットで。自営業者など国民年金に上乗せして厚生年金に
加入している会社員等の給与所得者と。国民年金だけにしか加入していない自
営業者などのな老後を過ごすことができるよう。国民年金老齢基礎年金に
上乗せした年金を受け取るための公的な年金制度です。 日本の平均寿命は男女
とも世界でトップクラスであり。老後が長期化しているため。生活設計を立て
計画的に老後に

話題竹中平蔵。なお。ベーシックインカム制度は。高所得者と低所得者の支給額が同じである点
年金と生活保護廃止がセットだから。所得制限付きの万程度のベーシック
年金は破綻隠しなだけだぞ。過去を逆上って関わった事を調べれば誰もが思う
。こいつだけは碌な死に方しないと最終的には限定と同額へ着地するよう
設計公的年金とはどんな制度。しかし。公的年金は老後のためだけの制度ではありません。障害の状態になった
時に受け取れる障害年金や。のこされた遺族の生活を保障する遺族年金も
あります。 そこで私たちの生活設計をしっかりと立てられるよう。公的

年金制度は、生活保護を受けないでギリギリ自分で生きて行かせる制度です。国の負担を最小化するのが目的ですね。豊な老後を目指してはいません。まあ、厚生年金で平均的な年金なら贅沢しなければ、それなりの老後を過ごせるでしょう。老後の生活を年金だけで生活できる国は、社会保障が充実した社会主義国家でしょう。 残念ながら、世界何処にもありません。。 年金は老後の生活の補助金で主たる生活費は自らの貯蓄、その他の経済活動で賄うのが日本の年金制度であって、勘違いしてませんか.? 国民年金の掛け金、約月1、6000円×40年=7、680、000円になります。 受領金額約月65、000円×35年=27、300、000円になりますよ。 こんな美味い貯蓄ありますか? 約4倍です。。私は、厚生年金で妻の国民年金合計で月約280、000円で年間約3、360、000円受領しています。。 年金受領をして10年になります。塵も積もって約33、600、000円受領したことになりました。 30年受け取ると約1億円になる計算になります。大変有り難く、今の年金制度に感謝していあす。 老後の生活は年金だけでは足りませんが、若いときからの妻の努力で十二分に、金の事は考えずに楽しく満ち足りた生活を送ってます。 自分のことは自分で、自助です。。 身障者その他手を差し伸べる必要の方には、大いに共助の手を差し伸べてください。年金は、老後の生活の補助金であって、年金だけで生活を使用とすることが、制度上無理なことですし、あり得ないことです。。政府もこの事を、声を大にして国民に話すべきです。。 当たり前のことです。。どうなんでしょうね。厚生年金の報酬比例部分の年金額は、平成15年3月分までは月収標準報酬月額の0.7125%ですから、40年加入しても3.42倍=0.007125×480しかなりません。年収のおよそ29%≒3.42÷12です。およそ3割ですね。これに基礎年金の78万円が加わります。ちなみに、A:月収が20万円だった人の年金額は、およそ7.32倍≒78÷20+3.42です。現役の時の年収240万円=20×12の61%=7.32÷12しかありません。B:月収が62万円だった人の年金額は、およそ4.58倍≒78÷62+3.42です。現役の時の年収744万円=62×12の38%=4.58÷12になります。なので、Bの人なら年金額は、283万円≒744×0.38くらいありますので、なんとか生活できるかもしれませんが、Aの人の年金額は、146万円≒240×0.61くらいしかありませんから、たぶん生活は苦しいでしょう。なお、現在の乗率は、賞与からも保険料を取る代わりに、その12分の1を月額に加えるようになりましたが、0.5481%に下がりました。なので、賞与のない低額所得者は、もっと苦しくなります。国民年金はそういう仕組みになっていません。足りません。そのとおりだが、100まで生きることを計算に入れてなかっただけ。2000万足りねえって言うけど、現役時代と同じような贅沢な暮らしならあたりまえ。うちなんて、マジで年金で十分にカバーできちゃうぜまだもらってないが。そういう意味じゃ、>老後を年金だけで生活を賄えるは、正解。年金のことで勘違いしている人がいます。それは、今の年金制度を止めて、自分が貯蓄した分を老後に貰える方式が良いのだと。馬鹿ですよね。それなら年金よりも貯金している方が増し。意味ないですよね。基礎年金の半分は税金です。消費税だって年金の資金になっています。日本が将来、観光立国としてどんどん海外の人が日本に来てくれるだけでもの凄い税金が年金に回る訳です。今は借金大国ですが、観光で海外の人が毎年のように右肩上がりで増えています。その為、借金の増えた方が減少して来ました。年金の魅力は死ぬまで貰える。自分が払った以上に貰える。60代で亡くなれば別ですが飽くまでも平均の話ですが月に換算すると20万円くらいなので贅沢をしなければ最低の生活をしていけます。年金なんていらない。俺は納めないぞと言っても税金を納めているから貰わないと損をしますよ。とりあえずは今のままでは今から100年は安心していいでしょう。その後は駄目というわけではなく日本が景気良くなればもっともっと良くなるでしょう。観光もあるし、海の周り、深い地下にはレアメタルもあるし資源が豊富なんです。日本の将来は明るいですよ。もしも、そうでない、なかったとしたら、そもそも年金制度って何の為に存在しているのでしょうか?? 年金税を徴収した機構の職員が意味の無い箱物を作って、その工事費、建設費から袖の下を得る為?? 歳をとれば誰しも働けなくなったりして収入が減る、無くなっていくのに対しての保険だと思うのですが????きちんと決められた額と期間、納めれば65歳だか何歳だか決められた年齢に達すれば生活できるだけの金が貰える???から支払っていたのだと思います。「老後を年金だけで生活を賄えるような制度設計でしたっけ? 」って??一体何を言いたいのでしょうか?創設当時はえがったけんどな。バカスカ人口増えちまって到底豊かな老後なぞ夢の夢だっペW。。ウフ^^;そもそものそもそも論を言うなら日本における年金制度というのは、戦時中の資金集めのための「ねずみ講」に過ぎず、だからこそ積立方式ではないわけですから支払いのことは最初から考えていません支払いのことは考えていないのですから生活水準のことを考えているはずがありませんバブル期までの間に、日本の社会福祉制度は「これからはレジャーが福祉だ」というほどに充実を続けてきた時期があったのでだからこそ年金でホテルを建てたりして失敗したりしましたバブル経済が無限に続くと、当時は信じられていたからこそバブルが実現したのですが、そうであれば、だれも年金のことなんて気にする必要も無かったんです残念ながら今後の日本が成長していく見込みはほとんどありません旧ソ連が崩壊した後、生活が十分できるほど充実していた年金制度が崩壊しロシア国民の平均寿命が10年以上短くなりました。日本はそのうちにそういう状態になるということですいえ、そもそも平均寿命を上回る年齢設定の上に年金は存在していました。つまり対象年齢になる前に、亡くなることが多かったんです。平均寿命が延びてきたのに対策を打たなかったから、もらえる人が増えてしまい今に至ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です